2018年5月10日木曜日

徳と毒

徳と毒はよくにている。

徳は毒のにごりを取ったものだ。
毒が薬という言葉もあるではないか。

毒になることでも、そのにごりを取れば
徳になるのである。

どんないやなことでも、
心のにごりを捨てて
勇んで引き受ける心が徳の心だ。

いやなことでも、辛いとかいやとか
思わないでやる。

喜んで、勇みきって引き受ける、
働きつとめぬく、
それが徳のできてゆく土台だ。

ばからしいとか、いやだなあという
にごった心をすっかり取って、
感謝と歓喜で引きうけるなら
辛いことほど徳になるのだ。

◆運命をひらく366の言葉
『常岡一郎一日一言』(常岡一郎・著)



致知出版社様メルマガよりシェアさせて頂きました。


押忍!

0 件のコメント:

コメントを投稿