2018年5月7日月曜日

幸せの本質

【幸せの本質】

 

人は、私と他人の幸せを比べてしまう。

 
でも、
私の幸せは、自分自身が決めるもの。
 

 

「幸せ」とは「何かを得る」ことではなく 

 
「今の私が『幸せ』のなかにいること」を知ることです。

 

「幸せという現象も、不幸という現象も存在しません」

 

宇宙はすべてゼロ状態で、物事が淡々と起きているだけなので、 

 
 
それを「幸」と思うか「不幸」と思うかは

 
 
すべて『私』の心が決めているのです。

 

「しあわせ」の語源は「為(な)し合わせ」
 

「仕合わせ」でもあります。

お互いにしてもらうこと(愛される)ではなく、

お互いにしてあげること(愛する)

してあげたい(愛する)想いが「幸せ」の本質です。

 

どんな現象に対しても、
 

愚痴を言わない、
泣き言を言わない、
落込まない、
相手を攻撃しない、
非難しない、
中傷しない。

 

あなたが笑顔で生き、
相手を笑顔にして生きていくことが、
今生でのテーマなんです。

  

小林正観 著「宇宙を貫く幸せの法則」より(抜粋、管理者一部追加)

 
Facebookページよりシェアさせていただきました。


押忍!

0 件のコメント:

コメントを投稿